観光列車評論家おすすめ観光列車の楽しみ方

観光列車評論家として活動している私が全国を出張した先で乗車した列車に関する記録をアップしているブログ。寝台特急、観光列車、レストラン列車、ジョイフルトレイン、クルーズトレイン、トロッコ列車、SL、ラッピング列車などにしか興味はない。

SL冬の湿原号の乗車記ブログ



北海道旅客鉄道株式会社の釧網本線の釧路駅から標茶駅を運行している列車『SL冬の湿原号』に乗ったときの記録です。

 

f:id:shuppanproduce:20191114010310j:plain

 

 

SL冬の湿原号の運行日や料金を確認して切符を予約する方法

運転区間

起点:釧路駅

終点:標茶駅

路線:釧網本線

 

運行日

1月下旬から3月上旬の指定された土曜・日曜・祝日・長期休暇 。

 

発着時間

f:id:shuppanproduce:20191114010343p:plain

  

料金

乗車券1,070円+指定席券820円

※いずれも片道のおねだん。こども半額

※全車指定席のため、乗車前にご予約が必要です。
 

切符

ご利用日の1ヶ月前の午前10時よりJRの主な駅のみどりの窓口、びゅうプラザおよび主な旅行会社等で発売しています。

※予約状況、空席状況は必ずみどりの窓口で確認してください。

 

 

SL冬の湿原号の車両、座席、車内など、列車自体の魅力あれこれ

車両

下りではSLが逆向きに連結されて、押す形で運行される。

f:id:shuppanproduce:20191114010259j:plain

座席

ボックスシート

f:id:shuppanproduce:20191114010312j:plain

装備

車内に設置されているストーブ。

f:id:shuppanproduce:20191114010325j:plain

 

 

SL冬の湿原号で車内販売しているアテンダント、グッズ、駅弁、スイーツなど

アテンダント

記念写真

標茶駅には顔ハメパネルがあります。

f:id:shuppanproduce:20191114010302j:plain

車内には、記念撮影用の衣装が用意されています。

f:id:shuppanproduce:20191114010322j:plain 

 

SL冬の湿原号の沿線の車窓や地域住民とのふれあいやおもてなし

車窓

運が良ければ、窓から丹頂鶴が見えます。

f:id:shuppanproduce:20191114010416j:plain

 

SL冬の湿原号についての詳細

 

f:id:shuppanproduce:20191114010331j:plain

 

【2013年3月8日】標茶駅から釧路駅まで乗車。