読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“鉄”じゃないけど乗るのは好き!

セミナーやコンサルなどで全国を出張した先で乗車した列車に関する記録をアップしているブログ。寝台特急、観光列車、レストラン列車、ジョイフルトレイン、クルーズトレイン、トロッコ列車、SL、ラッピング列車などにしか興味はない。

永井豪キャラクターのラッピング列車に乗車しました

先日、花嫁のれんのと里山里海号に乗車した時に、永井豪ラッピング列車にも乗車しました。

のと鉄道に乗るのに、この列車は、永井豪ファンとして乗らないわけにはいきません。

 

f:id:shuppanproduce:20170329130507j:plain

 

車内は、永井豪のキャラクターで溢れかえっております。

 

f:id:shuppanproduce:20170329130504j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170329130503j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170329130459j:plain

 

ただし、スタンプは永井豪とは関係ありません…(汗)

 

f:id:shuppanproduce:20170329130510j:plain

 

そして、永井豪氏のサインとマジンガーZやゲッターロボの主題歌を歌っていた水木一郎氏のサインが書かれています。

 

f:id:shuppanproduce:20170329130513j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170329130512j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170329130506j:plain

 

外装には永井豪の代表作でもあるデビルマン、まじんがーZ、キューティーハニーのイラストが描かれています。

デビルマンがアニメ版ではなく、原作のデビルマンだったのは、ファンとしてはたまりませんね。

 

f:id:shuppanproduce:20170329130509j:plain

 

今回は、この永井豪ラッピング列車にしか乗れませんでしたが、次回は、永井豪記念館にも足を運びたいと思います。

 

この記事は、以前、LINEブログにアップしていたものですが、ブログを移籍することになり、アップしなおした記事です。

 

 

のと里山里海号に乗車してきました! 三度目…

土曜日に花嫁のれんの2号と3号に乗車して、そのまま、のと里山里海号 5号のほろ酔いプラン。

翌日の日曜日は、 3号ゆったりコースで能登の人気寿司店「能登すしの庄 信寿し」が手掛けるのと里山里海号限定の特製弁当の車内販売、そして、4号のスイーツプランに乗車してきました。

 

f:id:shuppanproduce:20170324112736j:plain

 

もう三回目の記事なので、今回は車両紹介は簡単に(笑)

過去2回の記事は、こちら(1回目)こちら(2回目)

 

のと里山里海号は、里山号と里海号の2両編成です。

 

f:id:shuppanproduce:20170324112726j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170324112732j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170324112725j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170324112734j:plain

 

今回、最初に乗ったのは、ほろ酔いプラン。

 

お酒も美味しいし、肴も美味しい!

じゃんけん大会などイベントもあって、楽しく酔えました〜

 

f:id:shuppanproduce:20170324112742j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170324112747j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170324112754j:plain

 

続いて、ゆったりコースと限定の特製弁当。

 

f:id:shuppanproduce:20170324112743j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170324112753j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170324112751j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170324112740j:plain

 

最後は、スイーツプラン。

 

f:id:shuppanproduce:20170324112745j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170324112737j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170324112750j:plain

 

途中、能登中島駅では鉄道郵便車を見学できます。

(今回、駅マルシェはやってませんでしたが、なくなっちゃったのかな?)

 

f:id:shuppanproduce:20170324112728j:plain

 

車内販売のグッズも少しだけ増えてました。

クリアファイルが早く商品に追加されるのを心待ちにしております(笑)

 

f:id:shuppanproduce:20170324112730j:plain

 

そして、今回、一番嬉しかったのは、アテンダントさんが我々のことを覚えていてくれたことです。

数多い乗客がいる中で、覚えていてくれるって、もう、それだけで感動なんですよね〜

 

ちなみに、のと里山里海号の魅力のひとつは、お世辞抜きで、このアテンダントさんなんです。

アテンダントさんによる生のアナウンスは、天気や車窓など、その時の状況に応じて少しずつ毎回違うので、このライブ感がたまりません。

 

もちろん、最初に乗った時は噛んだりもしてましたが、それもまた魅力です。

今回は、もうすっかり慣れていて、お客さんを楽しませようとする気持ちが伝わってきました。

 

f:id:shuppanproduce:20170324112748j:plain

 

列車、アテンダント、料理、グッズ、車窓、運行時間、料金…実は、このトータルバランスが一番いい観光列車は、のと里山里海号なんじゃないかと思います。

今回、花嫁のれんの運行が開始されたことでさらに来やすくなりますし、今後、ますます注目の列車です。

 

できたら、穴水駅で時間を潰す観光地や飲食店が充実してもらえると、最高なんですけどね…。

 

f:id:shuppanproduce:20170324112739j:plain

 

この記事は、以前、LINEブログにアップしていたものですが、ブログを移籍することになり、アップしなおした記事です。

 

花嫁のれん に乗車しました

週末に七尾線を運行する『花嫁のれん』に乗車してきました。

 

今回は、土曜日に和倉温泉を発車する1番列車(2号)に乗車し、そのまま金沢から3号に乗り継ぎ、日曜日に4号で戻りました。

 

途中、のと里山里海号も乗車しましたが、それは次の記事で書きます。

 

ということで、まずは金沢駅から和倉温泉駅までは、普通に能登かがり火号で移動し、花嫁のれんの到着を待ちます。

 

f:id:shuppanproduce:20170323085531j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085529j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085526j:plain

 

久しぶりに来た和倉温泉駅では、花嫁のれんが展示してあり、花嫁のれんくぐり体験ができます。

 

f:id:shuppanproduce:20170323085522j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085513j:plain

 

いよいよ、花嫁のれんの1号が到着です。

 

f:id:shuppanproduce:20170323085457j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085447j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085443j:plain

 

到着すると、観光協会の方の舞や地元の方々のお出迎え。

 

f:id:shuppanproduce:20170323085450j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085445j:plain

 

2号に乗車前に、セレモニーがありました。

 

f:id:shuppanproduce:20170323085440j:plain

 

いよいよ乗車です。

1号車は個室席になっており、それぞれの席に名前が付いています。

 

f:id:shuppanproduce:20170323085455j:plain

 

青の間

 

f:id:shuppanproduce:20170323085452j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085459j:plain

 

錦秋の間

 

f:id:shuppanproduce:20170323085412j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085416j:plain

 

菊の間

 

f:id:shuppanproduce:20170323085410j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085418j:plain

 

笹の間

 

f:id:shuppanproduce:20170323085414j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085420j:plain

 

鉄線の間

 

f:id:shuppanproduce:20170323085429j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085436j:plain

 

扇絵の間

 

f:id:shuppanproduce:20170323085509j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085331j:plain

 

撫子の間

 

f:id:shuppanproduce:20170323085333j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085337j:plain

 

桜梅の間

 

f:id:shuppanproduce:20170323085335j:plain

f:id:shuppanproduce:20170323085344j:plain

 

1号車と2号車の間の1号車側には、売店と伝統工芸品の展示スペースがあります。

 

f:id:shuppanproduce:20170323085431j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085407j:plain

 

1号車と2号車の間の2号車側には、トイレと洗面所です。

 

f:id:shuppanproduce:20170323085433j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085511j:plain

 

2号車は、金ピカです。

 

f:id:shuppanproduce:20170323085312j:plain

 

4名ボックスシート、2名ボックスシート、カウンターシートの3種類です。

 

f:id:shuppanproduce:20170323085314j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085319j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085323j:plain

 

2号車には、イベントスペースがあり、この日は和菓子の実演と能登の観光DVDが上映されていました。

カウンターシートは回転し、イベントを見ることができます。

 

f:id:shuppanproduce:20170323085346j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085354j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085427j:plain

 

もちろんスタンプ台もあります。

 

f:id:shuppanproduce:20170323085434j:plain

 

パネルでの撮影サービスも。

 

f:id:shuppanproduce:20170323085504j:plain

 

期間限定で、お菓子のアンケートや、いろいろな配布物もあります。

 

f:id:shuppanproduce:20170323085302j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085303j:plain

 

いよいよ食事の紹介です。

2号の和軽食セット。

 

f:id:shuppanproduce:20170323085307j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085321j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085339j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085403j:plain

 

3号のスイーツセット(1号も同じだそうです)。

 

f:id:shuppanproduce:20170323085425j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085438j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085502j:plain

 

4号のほろよいセット。

 

f:id:shuppanproduce:20170323085257j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085259j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085309j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170323085326j:plain

 

途中、羽咋駅では和太鼓でお出迎えしてくれます。

 

f:id:shuppanproduce:20170323085342j:plain

 

これでのと鉄道への導線も楽しむことができ、能登半島への観光客が増えそうな予感がしますね。

とても楽しかったです!

 

f:id:shuppanproduce:20170323085350j:plain

 

3ヶ月に一回、メニューが変わるようなので、また乗りに来よう〜

 

この記事は、以前、LINEブログにアップしていたものですが、ブログを移籍することになり、アップしなおした記事です。

 

伊予灘ものがたり に乗車しました

三度目の正直で、やっと、伊予灘ものがたりに乗ってきました。

 

実は、昨年、二度ほど、乗車を試みたのですが、二度とも台風で運休だったのです。

しかも、そのうち一度は、松山に向かう列車の中で止まってしまい、車中泊だったという…。

 

こいうことで、念願の伊予灘ものがたりなのです。

 

f:id:shuppanproduce:20170317175927j:plain

 

1号車の車内。

 

f:id:shuppanproduce:20170317175920j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170317175938j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170317175930j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170317175939j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170317175933j:plain

 

2号車の車内。

 

f:id:shuppanproduce:20170317175919j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170317175929j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170317175936j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170317175943j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170317175934j:plain

 

洗面所。

 

f:id:shuppanproduce:20170317175953j:plain

 

カウンターは売店ではなく、料理の準備スペースになってました。

 

f:id:shuppanproduce:20170317175924j:plain

 

もちろん、スタンプ台もありました。

 

f:id:shuppanproduce:20170317175948j:plain

 

大洲編の料理。

 

f:id:shuppanproduce:20170317175944j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170317175951j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170317175931j:plain

 

双海編のお料理。

 

f:id:shuppanproduce:20170317175949j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170317175946j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170317175923j:plain

 

追加で注文したデザートセットと飲み比べセット。

 

f:id:shuppanproduce:20170317175941j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170317175922j:plain

 

残りの八幡浜編と道後編も早く乗りたい〜

 

f:id:shuppanproduce:20170317175954j:plain

 

この記事は、以前、LINEブログにアップしていたものですが、ブログを移籍することになり、アップしなおした記事です。

 

 

DLばんえつ物語に乗車しました

フルーティアふくしまから乗り継いで、ばんえつ物語で新潟に抜けました。

SLばんえつ物語に乗れると思っていたのですが、この日はDE10形ディーゼル機関車

牽引されるということで、DLばんえつ物語でした。

 

まぁ、逆に貴重とのことなので、よしとしましょう。

 

f:id:shuppanproduce:20170316110259j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170316110256j:plain

 

今回はグリーン車に乗車しました。

レトロな雰囲気でありながら、ゆったりとシートは快適な乗り心地です。

 

f:id:shuppanproduce:20170316110309j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170316110316j:plain

f:id:shuppanproduce:20170316110320j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170316110318j:plain

 

ちなみに、一般車両の席は、こんな感じ。

 

f:id:shuppanproduce:20170316110320j:plain

 

グリーン車専用のパノラマ展望室も開放感満点です。

 

f:id:shuppanproduce:20170316110257j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170316110311j:plain

 

展望車にはソファーとイベントスペースがあり、この日は新潟市新津鉄道資料館の学芸員による『「ばんえつ物語」号でたどる阿賀路の鉄道と歴史』という講演会でした。

 

f:id:shuppanproduce:20170316110304j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170316110314j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170316110307j:plain

 

最後尾には、子供用のオコジョルームがあり、すべり台や顔はめパネル、オコジョ展望室などがあります。

 

f:id:shuppanproduce:20170316110254j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170316110253j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170316110300j:plain

 

売店では、地酒の飲み比べセットやおつまみ、ばんえつ物語グッズが販売されてました。

 

f:id:shuppanproduce:20170316110251j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170316110302j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170316110313j:plain

 

最初はSLでないことにテンション低めでしたが、落ち着いたレトロな雰囲気とゆったりとしたシート、流れる車窓、おいしい地酒に猛烈に気に入ってしまいました。

この列車、絶対にまた乗りに来たいと思います。

 

f:id:shuppanproduce:20170316110306j:plain

 

この記事は、以前、LINEブログにアップしていたものですが、ブログを移籍することになり、アップしなおした記事です。