“鉄”じゃないけど乗るのは好き!

セミナーやコンサルなどで全国を出張した先で乗車した列車に関する記録をアップしているブログ。寝台特急、観光列車、レストラン列車、ジョイフルトレイン、クルーズトレイン、トロッコ列車、SL、ラッピング列車などにしか興味はない。

500 TYPE EVA Cafeに行ってきました

新大阪から博多まで500 TYPE EVAに乗って移動し、博多駅にある500 TYPE EVA Cafeにも行ってきました。

 

f:id:shuppanproduce:20170622222306j:plain

 

元々あった博多駅新幹線改札内の喫茶店「カフェ・エスタシオン博多」の一部を新幹線:エヴァンゲリオン プロジェクトの一環で改装されたようです。

 

f:id:shuppanproduce:20170622222310j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170622222313j:plain

 

「500 TYPE EVA」オリジナルメニューもいろいろあります。

 

f:id:shuppanproduce:20170622222317j:plain

 

もちろん、全部注文しました〜

 

f:id:shuppanproduce:20170622222320j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170622222327j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170622222331j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170622222334j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170622222338j:plain

 

駅の構外には500 TYPE EVA SHOPもあり、立ち寄ったのですが、写真を撮るのを忘れてしまいました…。

 

この記事は、以前、LINEブログにアップしていたものですが、ブログを移籍することになり、アップしなおした記事です。

500 TYPE EVA 展示・体験ルーム(1号車)に入室しました

500 TYPE EVA新幹線に乗車したので、もちろん、展示・体験ルーム(1号車)にも入室してきました。

 

本当であれば、コクピット搭乗体験もしたかったのですが、抽選で外れてしまったため、今回は展示・体験ルーム(1号車)の入室だけでです。

 

展示・体験ルーム(1号車)への入室は、事前に何駅から何駅までの区間で入室するのか事前予約が必要で、その区間に差し掛かると、予約した人たちが待機室に集まってきます。

 

f:id:shuppanproduce:20170621121823j:plain

 

待機室に座ると、記念品と入室許可証を渡されます。

 

f:id:shuppanproduce:20170621121819j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170621121816j:plain

 

そしたら、いよいよ入室です。

 

f:id:shuppanproduce:20170621121811j:plain

 

中は2部屋になっており、パネル展示、ジオラマ、綾波レイのパネルが展示されてます。

 

f:id:shuppanproduce:20170621121806j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170621121803j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170621121800j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170621121756j:plain

 

そして、その奥には、コクピットがあります。

 

f:id:shuppanproduce:20170621121753j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170621121747j:plain

 

結構、ガラガラだったので、わざわざ抽選なんかせずに、もっと多くの人に楽しんでももらえばいいのに…。

 

ちなみに、旅行ツアーで申し込むと、コクピット搭乗が確約されますよ。

 

この記事は、以前、LINEブログにアップしていたものですが、ブログを移籍することになり、アップしなおした記事です。

 

500 TYPE EVAに乗車しました

JR西日本が山陽新幹線全線開業40周年記念と「エヴァンゲリオン」のTV放送開始から20周年を記念して、「新幹線:エヴァンゲリオン プロジェクト」を立ち上げ、2015年11月より「500 TYPE EVA」を運転させました。

 

500系新幹線を庵野秀明氏の監修と山下いくと氏の車両デザインにより、「500 TYPE EVA」車両としてリニューアル。

車内は、エヴァンゲリオンの世界観を踏襲し、ラッピング、内装、車内放送、乗車記念品、記念グッズなどが楽しめます。

 

新大阪駅に入線してくると、鉄ちゃん達が一斉に撮影してました

 

f:id:shuppanproduce:20170606112847j:plain


「500 TYPE EVA」の特別内装は2号車の自由席のみなので、並んで一番乗車です!

 

f:id:shuppanproduce:20170606112843j:plain

 

ブランドは席ごとに違い、「新幹線:エヴァンゲリオン プロジェクト」のロゴ、碇ゲンドウのイラスト、そして、レアな「A.T.フィールド」。

 

f:id:shuppanproduce:20170606112831j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170606112834j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170606112838j:plain

 

窓にはこんなシールも貼られてました。

 

f:id:shuppanproduce:20170606112828j:plain

 

シートの肘置きや通路、通路、乗降口にも。

 

 

f:id:shuppanproduce:20170606112820j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170606112823j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170606112816j:plain

 

2つの喫煙ルームには、それぞれ赤木リツコと加持リョウジのシールが。

 

f:id:shuppanproduce:20170606112813j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170606112806j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170606112803j:plain

 

せっかくの乗車なので、新神戸と西明石で限定販売されている「エヴァンゲリオンプロジェクト弁当(エヴァ駅弁)」もいただきました。

 

f:id:shuppanproduce:20170606112757j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170606112754j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170606112750j:plain

 

次の記事で、展示・体験ルームについて書きます。

 

この記事は、以前、LINEブログにアップしていたものですが、ブログを移籍することになり、アップしなおした記事です。