読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“鉄”じゃないけど乗るのは好き!

セミナーやコンサルなどで全国を出張した先で乗車した列車に関する記録をアップしているブログ。寝台特急、観光列車、レストラン列車、ジョイフルトレイン、クルーズトレイン、トロッコ列車、SL、ラッピング列車などにしか興味はない。

はやとの風に乗車しました

肥薩線、最後の列車である、はやとの風に乗ってきました。

これで吉松から、鹿児島中央まで移動です。

 

f:id:shuppanproduce:20121103145745j:plain

 

2両編成ですが、車両ごとに雰囲気が違うこだわりっぷり。

 

f:id:shuppanproduce:20121124111147j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20121124111543j:plain

 

基本的に二人席ですが、回転して四人席にすることも可能。

 

f:id:shuppanproduce:20130601091947j:plain

 

ベンチーチートや展望席もあります。

 

f:id:shuppanproduce:20130601112530j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20130601092016j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20121124111558j:plain

 

もちろん、スタンプ台も。

 

f:id:shuppanproduce:20130601092029j:plain

 

今回は売り切れでしたが、嘉例川駅で積み込まれる“かれい川弁当”は、個人的に日本一美味しい駅弁当だと思います。

 

f:id:shuppanproduce:20110719081226j:plain

 

隼人駅をすぎると、海岸線を走る日豊本線に入り、桜島もキレイに見ることができます。

 

f:id:shuppanproduce:20170403121242j:plain

 

キングオブローカル線と言われる肥薩線。

何度乗っても飽きません。

また違った季節に乗車したら、全く別の魅力を見いだせそうです。

 

f:id:shuppanproduce:20130601092224j:plain

 

この記事は、以前、LINEブログにアップしていたものですが、ブログを移籍することになり、アップしなおした記事です。

いさぶろう に乗車しました

人吉駅でSL人吉から乗り換えて、今度はいさぶろうに乗りました。

いさぶろうは、日本三大車窓やループ線、スイッチバック、そして、各駅での駅マルシェとイベント盛りだくさんの列車で、肥薩線の中でも一番好きな列車です。

 

f:id:shuppanproduce:20121103131521j:plain

 

内装もオシャレです。

 

f:id:shuppanproduce:20130601112600j:plain

 

四人席。

 

f:id:shuppanproduce:20130601112513j:plain

 

展望カウンター。

 

f:id:shuppanproduce:20121103145445j:plain

 

自由席のベンチシート。

 

f:id:shuppanproduce:20130601112530j:plain

 

トイレ。

 

f:id:shuppanproduce:20130601112535j:plain

 

今まで6回乗ってますが、日本三大車窓がこんなにキレイに見えたのは、はじめてです。

 

f:id:shuppanproduce:20121103142242j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170331120406j:plain

 

途中の駅マルシェの写真を撮るのを忘れて楽しんでしまったことが悔やまれます…。

ということで、また乗らなくてはならなくなりました(笑)

 

f:id:shuppanproduce:20121103145342j:plain

 

この記事は、以前、LINEブログにアップしていたものですが、ブログを移籍することになり、アップしなおした記事です。

SL人吉に乗車しました

日曜日に肥薩線で熊本〜鹿児島中央へ南下しました。

まずは、SL人吉です。

 

f:id:shuppanproduce:20130601142655j:plain

 

SL人吉は、SLでありながら、車両や内装がしっかりとデザインされており、ただノスタルジックをウリにしているわけではなく、レトロの中に先進的なテイストが共存しているので、電車好きでなくても楽しめますね。

 

f:id:shuppanproduce:20130601143239j:plain

 

シートデザインも車両によって違います。

 

f:id:shuppanproduce:20130601142915j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20130601142935j:plain

 

子ども向けの機関車図書コーナーもあります。

 

f:id:shuppanproduce:20130601143120j:plain

 

前後に展望室もあります。

 

f:id:shuppanproduce:20130601142900j:plain

 

SLの模型の展示コーナーや売店も。

 

f:id:shuppanproduce:20130601142959j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20130601143110j:plain

 

ちゃんと石炭をくべてます。

 

f:id:shuppanproduce:20121124150039j:plain

 

これで6回目になりますが、何度乗っても飽きませんね〜

 

f:id:shuppanproduce:20130601142816j:plain

 

この記事は、以前、LINEブログにアップしていたものですが、ブログを移籍することになり、アップしなおした記事です。

 

 

 

ゆふいんの森に乗車しました

先日、日帰りで或る列車に乗ってきたのですが、大分空港から日田に向かう道中、特急 ゆふいんの森号にも乗ることができました。

ゆふいんの森は、キハ71系とキハ72系の編成があります。

 

f:id:shuppanproduce:20131203122410j:plain

 

今回乗ったのは、キハ72系の新しいほう。

実は、キハ71系の編成は、何度か乗ったことがあるのですが、キハ72系は始めてなんです。

 

f:id:shuppanproduce:20170328113311j:plain

 

この列車、ハイデッカータイプなので、見晴らしがいいんです。

連結部分は、ブリッジになっています。

 

f:id:shuppanproduce:20170328113318j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170328113316j:plain

 

前面展望は、こんな感じ。

 

f:id:shuppanproduce:20170328113303j:plain

 

売店とスタンプ台も、もちろんあります。

 

f:id:shuppanproduce:20170328113314j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170328113308j:plain

 

トイレはシンプルですね。

 

f:id:shuppanproduce:20170328113319j:plain

 

シートは、車両によって異なります。

 

f:id:shuppanproduce:20170328113307j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170328113305j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170328113312j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170328113302j:plain

 

この列車も水戸岡鋭治氏によるものですが、まだ初期の作品のせいか、あまり水戸岡鋭治氏っぽさがないですね。

今回は、湯布院から日田までしか乗車できませんでしたが、今度は博多から完乗してみようと思います。

 

f:id:shuppanproduce:20170328113320j:plain

 

それにしても、由布院駅も、車内も、外国の方で一杯でしたね。
もはや無法地帯…。

 

この記事は、以前、LINEブログにアップしていたものですが、ブログを移籍することになり、アップしなおした記事です。

 

 

或る列車に乗車してきました

先月、久大本線の日田から大分までを運行している『或る列車』に乗りました。

或る列車は、鉄道模型の神様と呼ばれた原信太郎氏がかつて模型で制作したものを原型とし、水戸岡鋭治氏がデザイン・設計を施し、完成したJR九州の最新の観光列車です。

 

f:id:shuppanproduce:20170327123027j:plain

 

乗車口の扉はステンドグラス。

 

f:id:shuppanproduce:20170327123049j:plain

 

1号車はななつの星のラウンジカーを彷彿とさせる内装。

 

f:id:shuppanproduce:20170327123034j:plain

 

4人席。

 

f:id:shuppanproduce:20170327123025j:plain

 

2人席。

 

f:id:shuppanproduce:20170327123039j:plain

 

ブラインドもななつ星っぽいですね。

 

f:id:shuppanproduce:20170327123044j:plain

 

1号車の奥にはカウンターがあり、通路には食器棚。
通路は、組子細工。

 

f:id:shuppanproduce:20170327123055j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170327123029j:plain

 

2号車にも同様のカンター。

こっちはモダンな雰囲気です。

 

f:id:shuppanproduce:20170327123037j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170327123040j:plain

 

2号車は個室席。ろくもんを彷彿とさせます。

 

f:id:shuppanproduce:20170327123036j:plain

f:id:shuppanproduce:20170327123024j:plain

 

奥にはトイレと洗面所。

 

f:id:shuppanproduce:20170327123022j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170327123059j:plain

 

いろいろな展示もされております。

 

f:id:shuppanproduce:20170327123108j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170327123053j:plain

 

食事のメニューと記念乗車証。

 

f:id:shuppanproduce:20170327123033j:plain

 

料理は、ウェルカムドリンクからはじまります。

 

f:id:shuppanproduce:20170327123114j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170327123102j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170327123116j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170327123113j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170327123103j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170327123042j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170327123105j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170327123111j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170327123117j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170327123110j:plain

 

f:id:shuppanproduce:20170327123106j:plain

 

外観は、少しゴテゴテし過ぎな感じもしましたが、乗ってみると、ななつ星に乗ったのを思い出すぐらいの優雅な気分を堪能できます。

スイーツも満足度が高いですし、時間も適度な感じで飽きもせず、かといって忙しなくもないですね。

 

f:id:shuppanproduce:20170327123052j:plain

 

この記事は、以前、LINEブログにアップしていたものですが、ブログを移籍することになり、アップしなおした記事です。